トレッキング

Trekking

以下の5つのコースを案内しています。
いずれのコースも、
登山口から約200mの高低差を登り下りします。
隠岐諸島で1番高い山は、島後の大満寺山で
標高は608mになります。
日本国内の有名な山と比べると、
隠岐の山は低いですが、
傾斜45度くらいの急斜面が多く、
杉、ツバキといった雑木林や
岩場を進んでいくイメージです。
​所要時間は、多少、長めに設定しています。
 

【集合場所】

宿泊場所あるいは現地

​※予約時に調整

 

【概要】

++++++  布施地区 ++++++

 

​①大満寺山

②鷲ヶ峰

③トカゲ岩

布施地区の「大満寺山」「鷲ヶ峰」「トカゲ岩」は、3つの連なった山々で、周辺は国立公園特別保護地区に指定されています。杉林や椿林、藪を抜ける小道、頂上に近づくほど、ゴロ石の岩場へと変化します。隠岐の島町で最も高く深い山のエリアで見られる、杉の巨木や山野草、生態系も見どころです。

【ガイド料金】

ガイド1名の手配料金(参加者8名まで、税込)

1つの山を登る場合:15,000円

 (大満寺山、鷲ヶ峰、トカゲ岩、いずれか1つを登る場合。)

2つの山を登る場合:20,000円

 (大満寺山と鷲ヶ峰、あるいはトカゲ岩と鷲ヶ峰を登る場合。)

3つの山を登る場合:25,000円

 (大満寺山、鷲ヶ峰、トカゲ岩の全てを登る場合。)

【登山口】

登山口は3つ、いずれも標高約400mにあります。

・登山口❶:乳房杉下

・登山口❷:大満寺山と鷲ヶ峰の接点

・登山口❸:中谷駐車場

【駐車場】

・登山口❶:乳房杉下

乗用車2、3台程度のスペースで狭い。観光バスがUターンする場所なので、一般車両はスペースを開けて駐車する必要がある。

・登山口❷:大満寺山と鷲ヶ峰の接点

乗用車2、3台程度のスペースで狭い。観光バスは入ってこない。

・登山口❸:中谷駐車場

乗用車10台程度の駐車スペース。

【トイレ・水道】

・登山口❶:乳房杉下

 トイレ、水道なし。

・登山口❷:大満寺山と鷲ヶ峰の接点

 トイレ、水道なし。

・登山口❸:中谷駐車場
 トイレ、水道あり。(10月〜3月は閉鎖)

【ガイドと定員】

・ガイド1名:参加者8名まで対応。

8名以上の場合は、ガイドを増員して対応します。狭い道を1列になって歩くため、人数が多い場合は、後ろまで声が届かなかったり、状況が確認できない可能性があます。問題が起こった時の対応のことを考えて、定員を8名としています。

 

(1) 大満寺トレッキング

​ガイド付きツアー

 
​乳房杉
頂上からの眺め
傾斜45度を100m進む場所
​標高が高くなるほど岩場になります。

【主な見どころ】

「乳房杉」「大満寺山山頂」「周辺の植生」

 

標高608mの大満寺山は、隠岐諸島で最も高い山です。国内的には比較的標高が低い山ですが、シャクナゲなどの高山を好む植物やブナ帯で見られるような山野草、野生ランなどの植生が見られます。登山口❶の周辺では御神木として祀られている「乳房杉」が見られます。乳房杉は、島独自のDNAを持つ「隠岐杉」の一種ですが、夏は涼しく、冬は暖かい、風穴(ふうけつ)が作り出す自然環境の中に位置しています。大満寺山の頂上まで登れば、隠岐諸島で最大の市街地である西郷の街並みや、島前の島々を見渡すことができます。

【トピック】日本の山と隠岐の山

日本の土地の約65%は森林で、そのうちの半分が人の手がつけられていない天然林、残りの35%は植林された人工林や竹林とされています。天然林が残る場所では、その自然の中で暮らしてきた動物や植物の生態系が維持されます。大満寺山、鷲ヶ峰、トカゲ岩の周辺は、国立公園特別保護地区に指定されていて、椿、ミズナラ、モミ、杉などの天然林と、そこに自生する山野草や小動物が見られます。特に杉は国内の広い範囲で植林されていますが、隠岐の島町では天然杉が見られます。近年、日本全国の杉のDNA調査が行われ、隠岐の天然杉は、国内でも古いDNAを持つ固有種であることが分かって来ています。今から約2万年前は、世界的な寒冷化が起こった氷期の時代でした。当時の日本は、現在と比べて寒冷で、植物分布は現在と異なっていたと考えられますが、隠岐諸島の約2万年前の火山灰の地層からは、当時の杉の花粉が発見されていることから、隠岐杉は氷河期の時代を、この土地で生き延び、現在にも子孫を残して来たことが分かっています。

【当日の動き】

当日は、お客様の宿泊場所で合流してレンタカーで現場へ向かうか、現地で集合します。登山口❶へは、西郷港周辺から車で約45分の距離です。ツアー中はトイレがないため、登山前にガイドが近くのトイレを案内します。

​【時間】①9:00〜 / ②13:00〜  4時間

​【料金】ガイド1名:15,000円 /8名まで

​【定員】8名まで(ガイド1名につき)

​【距離】約5.0km

​【登山口】登山口❶:乳房杉下

​【下山口】登山口❷:大満寺と鷲ヶ峰の接点

​※登山口❷から登山口❶へ、南谷林道の車道を歩いて10分

​【中止条件】

荒天時、警報発令時(大雨、波浪、雷)

​【持ち物】

歩きやすいシューズ、長ズボン・上着(山は気候が変わりやすいため)、カメラ・スマートフォン(任意)

(2) 鷲ヶ峰トレッキング

​ガイド付きツアー

 
屏風岩
中谷駐車場から登山
​杉の天然林付近
​杉の天然林付近

【主な見どころ】

​「トカゲ岩展望所」「隠岐杉の天然林」

「オキサンショウウオ生息地」「屏風岩」

標高550mの鷲ヶ峰は、大満寺山に隣接する山です。中谷駐車場から登る場合「トカゲ岩展望所」「オキサンショウウオ生息地」「自然回帰の森(西日本最大級の杉の天然林)」「神原高原」を通って山頂を目指します。山頂付近は岩の露頭を進むイメージで、頂上付近からは、「屏風岩」と呼ばれる島を代表する奇岩が見られます。

※車1台でトレッキングに向かう場合、必ず、車を駐車した場所へ戻る必要があります。鷲ヶ峰のみを登る場合、「登山口❷」と「登山口❸」の2つの登山口がありますが、「登山口❸:中谷駐車場」から登った方が、多くの名所を見ることができます。

【トピック】

大満寺山、鷲ヶ峰、トカゲ岩周辺の地質

下の図は島後の地質図です。赤は「隠岐片麻岩」、緑は「グリーンタフ」、肌色は「火山岩(火山で噴出した溶岩)」、水色は現在も侵食が続く「川の流域」です。「隠岐片麻岩」は、国内では特に珍しい地質で、日本の土台となっているプレートの一部が陸上に飛び出している部分です。約2億5千万年前、アジア大陸東海岸の地下のプレート境界に流れ込んだ砂や泥が、高い熱と圧力を受けて形成された変成岩(深成岩)です。「グリーンタフ」は、約2,000万年前に現在の日本海一帯で大規模に噴火した火山灰の堆積地層です。「隠岐片麻岩」と「グリーンタフ」と同様の性質の岩石は、日本国内だけではなく、大陸でも見られることから、隠岐の地質は日本列島が昔、大陸と繋がっていたことを物語っています。地質図で肌色の部分は、主に約600万年前に噴火した溶岩の地層で、島の西海岸で広く見られるほか、「隠岐片麻岩」に囲まれた部分に分布しています。大満寺山、鷲ヶ峰、トカゲ岩といった山は、地下のプレートを突き破って噴火した溶岩によって形成されたことが分かりますし、隠岐諸島で見られる「火山岩」には、流紋岩、安山岩、玄武岩、粗面岩、黒曜石など、様々な性質の火山岩があります。このように、隠岐の小さな島の中で、様々な年代の地質が見られます。

​【時間】①9:00〜 / ②13:00〜  4時間

​【料金】ガイド1名:15,000円 /8名まで

​【定員】8名まで(ガイド1名につき)

​【距離】約5.0km

​【登山口】登山口❸:中谷駐車場

​【下山口】登山口❸:中谷駐車場

※登山口❷から登山して、登山口❸へ下山することもできますが、別途車を手配する必要があります。

​【中止条件】

荒天時、警報発令時(大雨、波浪、雷)

​【持ち物】

歩きやすいシューズ、長ズボン・上着(山は気候が変わりやすいため)、カメラ・スマートフォン(任意)

【当日の動き】

当日は、お客様の宿泊場所で合流してレンタカーで現場へ向かうか、現地で集合します。登山口❸へは、西郷港周辺から車で約50分の距離です。ツアー中はトイレがないため、登山前にガイドが近くのトイレを案内します。

③トカゲ岩トレッキング

​ガイド付きツアー

 

【主な見どころ】

「トカゲ岩」「ツバキ林のトンネル回廊」

トカゲ岩は、山頂付近で見られるトカゲの形をした奇岩です。「アノーソクレース粗面班岩」と呼ばれる鉱物で形成された火山岩で、世界で最もアルカリ成分を多く含んだ天然の岩石の1つです。「登山口❸:中谷駐車場」から登ると、杉林を抜けて、標高が高くになるほど傾斜が急になり、ツバキ林の光景に変化していき、滑って転ばないように、枝や木につかまりながら上り下りします。山頂から神原高原へ向かう途中で見られる「ツバキ林のトンネル回廊」も印象的な景色です。

【トピック】トカゲ岩と隠岐諸島の地質の謎

世界には様々な火山がありますが、火山から吹き出した溶岩でできた岩石を「火山岩」と呼びます。「火山岩」を分類する時、1つには、その石に含まれる「珪素(ガラス成分)の量」によって、流紋岩、安山岩、玄武岩といった名前が決定します。例えば、珪素を100%近く含んだ結晶は、「水晶」や「石英」と呼ばれます。一方で、隠岐諸島の火山は、ナトリウムやカリウムなどのアルカリ成分を多く含むことから、「アルカリ火山」と呼ばれます。隠岐諸島のアルカリ火山は、地殻やプレートよりも深い、地球内部から吹き出した溶岩によって形成されたと考えられていて、岩石の中に「アルカリ長石(アルカリ成分の結晶)」を多く含んでいます。トカゲ岩は、世界で最もアルカリ成分を多く含む岩石の1つで、ローソク岩は、珪素とアルカリ成分を共に多く含んだ粗面岩と呼ばれる岩石です。

【当日の動き】

当日は、お客様の宿泊場所で合流してレンタカーで現場へ向かうか、現地で集合します。登山口❸へは、西郷港周辺から車で約50分の距離です。ツアー中はトイレがないため、登山前にガイドが近くのトイレを案内します。

​【時間】①9:00〜 / ②13:00〜  4時間

​【料金】ガイド1名:15,000円 /8名まで

​【定員】8名まで(ガイド1名につき)

​【距離】約5.0km

​【登山口】登山口❸:中谷駐車場

​【下山口】登山口❸:中谷駐車場

​【中止条件】

荒天時、警報発令時(大雨、波浪、雷)

​【持ち物】

歩きやすいシューズ、長ズボン・上着(山は気候が変わりやすいため)、カメラ・スマートフォン(任意)

 

【概要】

++++++ 都万地区 ++++++

 

​④高田山

「高田山」は、都万地区の標高315mの山で、国立公園普通地域に指定されているエリアです。登り始めると、最初から最後まで、45度くらいの傾斜の山道を進みます。山登りに抵抗の人のない足で、約1時間あれば頂上まで辿り着くことができます。頂上付近は天然の岩の展望台があって、隣の島前諸島と眼下に見える都万の集落の絶景が拡がっています。現在は、地元でも一部の人にしか知られていない場所ですが、約500年前の室町・戦国時代の頃には、山頂付近に山城があったと伝わります。見晴らしが良く、登った後の満足感が非常に高い場所です。滑りやすい岩場や斜面があるので、ゆっくり足元に注意しながら進む必要があります。

④高田山トレッキング

​ガイド付きツアー

 
高田山

【主な見どころ】

「島前の絶景」「集落」

都万地区の高田山は傾斜がきつい山ですが、登りきった後、海の向こうに見える島前諸島の景観と眼下に見える集落の景色がおすすめです。

【トピック:隠岐諸島の山について】

日本の他の地域と比べると、隠岐の山は標高が低い印象がありますが、その分、島の山の高い所まで、かつては植林や炭焼き、林業などで人が分け入っていた痕跡が見られます。また、今から約500年前、日本が戦国時代だった頃、隠岐諸島では山城が盛んに作られたことが分かっています。島内各地の約20ヶ所で山城の跡が発見されています。日本で「城」と言うと大阪城、名古屋城、姫路城など、現在の都市部に建てられた立派な城をイメージしますが、「山城」は、それよりももっと古い時代の天然の地形を利用した城です。山城は、見晴らしの良い山の上に建てられて、周辺が見渡せるだけではなく、水や物を補給したり、城を守るための工夫がなされていたり、かつて、そこで人が暮らしていた知恵を伺い知ることができます。高田山には、かつて戦国時代、奈森城という山城があったと伝わります。当時、山陰地方を舞台に起こった尼子と毛利の大名どうしの戦いで、劣勢になった尼子氏が、体制を立て直すために隠岐に逃れて来た際、隠岐は尼子方のの勢力によって統一されたと伝わります。その後、隠岐で体制を立て直した尼子氏は、再び毛利氏と戦いますが、敗れてしまった複雑な歴史ドラマが残っています。

​【時間】①9:00〜 / ②13:00〜  3時間

​【料金】ガイド1名:10,000円 /4名まで

​【定員】4名まで(ガイド1名につき)

​【距離】約3.0km

​【登山口】登山口:高田神社

​【下山口】登山口:高田神社

​【中止条件】

荒天時、警報発令時(大雨、波浪、雷)

​【持ち物】

歩きやすいシューズ、長ズボン・上着(山は気候が変わりやすいため)、カメラ・スマートフォン(任意)

【当日の動き】

当日は、お客様の宿泊場所で合流してレンタカーで現場へ向かうか、現地で集合します。高田山の登山口は、西郷港周辺から車で約30分の距離です。ツアー中はトイレがないため、登山前にガイドが近くのトイレを案内します。

 

【概要】

++++++ 中村地区 ++++++  

 

​⑤白島海岸

日本海の沿岸地域では、冬の季節、大陸からの季節風が強く吹きます。大陸からの季節風の影響を強く受ける隠岐諸島の西海岸では、波や風に侵食された断崖絶壁の絶景が広がっていますが、「白島海岸」は、島後の最北端に位置する場所で、日本の国立公園の特別保護地域に指定されています。「白島海岸」では、標高200mの展望台から海岸まで下るトレッキングコースを案内しています。

⑤白島海岸トレッキング

​ガイド付きツアー

 

【主な見どころ】

「波に削られた断崖絶壁の迫力」

日本海に位置する隠岐諸島では、冬の時期、大陸から強い季節風が吹きます。大陸からの強風は、高波を引き起こして、島の北西海岸に激しい高波が打ち寄せます。「白島海岸」では、自然が作り出した海岸の岩の絶景が広がっています。

【豆知識:白島海岸の絶景】

「白島海岸」は、日本の環境省が定める国立公園特別保護地域に指定されているほか、文部科学省が定める国指定の天然記念物に指定されています。日本を代表する絶景が見られる場所で、約600万年前の火山活動で吹き出した溶岩の岩盤が白く見えることから「白島海岸」と名付けられています。白島海岸は、現在も波や風によって削られています。周辺は、島の中でも最も人口が少ないエリアとなっていますが、隠岐に伝わる神話が残されている場所でもあります。

【当日の動き】

当日は、お客様の宿泊場所で合流してレンタカーで現場へ向かうか、現地で集合します。白島展望台は、西郷港周辺から車で約40分の距離です。ツアー中はトイレがないため、事前にガイドが近くのトイレを案内します。

​【時間】①9:00〜 / ②13:00〜  3時間

​【料金】ガイド1名:10,000円 /4名まで

​【定員】4名まで(ガイド1名につき)

​【距離】約3.0km

​【出発地】白島展望台

​【帰着地】白島展望台

​【中止条件】

荒天時、警報発令時(大雨、波浪、雷)

​【持ち物】

歩きやすいシューズ、長ズボン・上着(山は気候が変わりやすいため)、カメラ・スマートフォン(任意)