TOP    |  ガイドツアー予約    |    鷲ヶ峰トレッキング

kv-pc.png

TREKKING WASHIGAMINE

布施地区 鷲ヶ峰トレッキング

ガイドツアー

主な見どころ

​「トカゲ岩展望所」、「隠岐杉の天然林」、「オキサンショウウオ生息地」、「屏風岩」 ​ 標高550mの鷲ヶ峰は、大満寺山に隣接する山です。中谷駐車場から登る場合「トカゲ岩展望所」「オキサンショウウオ生息地」「自然回帰の森(西日本最大級の杉の天然林)」「神原高原」を通って山頂を目指します。山頂付近は岩の露頭を進むイメージで、頂上付近からは、「屏風岩」と呼ばれる島を代表する奇岩が見られます。 ※車1台でトレッキングに向かう場合、必ず、車を駐車した場所へ戻る必要があります。鷲ヶ峰のみを登る場合、「登山口❷」と「登山口❸」の2つの登山口がありますが、「登山口❸:中谷駐車場」から登った方が、多くの名所を見ることができます。

img1.png

①9:00〜4時間

②13:00〜4時間

ガイド1名:15,000円 /4名まで

img2.png

詳細情報

定員

4名まで(ガイド1名につき)

距離

約5.0km

登山口

登山口❸:中谷駐車場

下山口

登山口❸:中谷駐車場

※登山口❷から登山して、登山口❸へ下山することもできますが、別途車を手配する必要があります。

中止条件

荒天時、警報発令時(⼤⾬、波浪、雷)

持ち物

歩きやすいシューズ、長ズボン・上着(山は気候が変わりやすいため)、カメラ・スマートフォン(任意)

当日の流れ

当日は、お客様の宿泊場所で合流してレンタカーで現場へ向かうか、現地で集合します。登山口❸へは、西郷港周辺から車で約50分の距離です。ツアー中はトイレがないため、登山前にガイドが近くのトイレを案内します。

img3.png
img4.png

トピック

大満寺山、鷲ヶ峰、トカゲ岩周辺の地質

下の図は島後の地質図です。赤は「隠岐片麻岩」、緑は「グリーンタフ」、肌色は「火山岩(火山で噴出した溶岩)」、水色は現在も侵食が続く「川の流域」です。「隠岐片麻岩」は、国内では特に珍しい地質で、日本の土台となっているプレートの一部が陸上に飛び出している部分です。約2億5千万年前、アジア大陸東海岸の地下のプレート境界に流れ込んだ砂や泥が、高い熱と圧力を受けて形成された変成岩(深成岩)です。「グリーンタフ」は、約2,000万年前に現在の日本海一帯で大規模に噴火した火山灰の堆積地層です。「隠岐片麻岩」と「グリーンタフ」と同様の性質の岩石は、日本国内だけではなく、大陸でも見られることから、隠岐の地質は日本列島が昔、大陸と繋がっていたことを物語っています。地質図で肌色の部分は、主に約600万年前に噴火した溶岩の地層で、島の西海岸で広く見られるほか、「隠岐片麻岩」に囲まれた部分に分布しています。大満寺山、鷲ヶ峰、トカゲ岩といった山は、地下のプレートを突き破って噴火した溶岩によって形成されたことが分かりますし、隠岐諸島で見られる「火山岩」には、流紋岩、安山岩、玄武岩、粗面岩、黒曜石など、様々な性質の火山岩があります。このように、隠岐の小さな島の中で、様々な年代の地質が見られます。

①9:00〜4時間

②13:00〜4時間

ガイド1名:15,000円 /4名まで