TOP    |    体験・レンタル予約    |    砂浜カヤック

kv-pc.jpg

BEACH KAYAK

砂浜カヤック

湾内レンタル

サービス内容

海洋スポーツセンターの前には塩の浜と呼ばれる砂浜の海岸が広がっています。約100m先まで、⼤⼈の腰くらいの⽔深の遠浅海岸で、カヤックをレンタルしています。⼩さな⼦供連れの家族やカヤック初⼼者にオススメの体験内容です。当⽇は、担当スタッフが簡単なレクチャーや注意事項を説明します。

img3_edited.png

1時間

2人乗り1艇  ¥2,500(税込)

img2.png

詳細情報

カヤック

2名乗り

範囲

塩の浜の湾内

実施場所

海洋スポーツセンター

中止条件

波⾼1.5m以上、⾵速3m以上、警報発令時

(⼤⾬、波浪、雷)

持ち物

濡れても良い服装(ズボンは濡れます)、タオル、着替え、飲み物、サングラス・帽⼦(任意)、酔い⽌め(任意)、カメラ・スマートフォン(⾃⼰責任となります)

当日の流れ

当⽇は、海洋スポーツセンターに集合し、受付、⽀払い、着替え、トイレを済ませ、砂浜に集合。

ガイドからカヤック、SUPの使い⽅のレクチャーを受けてから、湾内の範囲内でカヤックをお使いいただけます。レンタル中にガイドは付きません。

img4.png
shell.jpg

豆知識  |  砂浜の⾃然環境

隠岐諸島の海岸は岩場が多く、砂浜は⼀部の海岸のみで⾒られます。塩の浜では15分くらい探せば、様々な種類の⼆枚⾙や巻⾙の⾙殻を⾒つけられます。これらの⾙は、この周辺に⽣息する⾙で普段は海の中にいるため気づくことはありませんが、⾒えないところで様々な⽣き物がいる事に気づきます。また、砂浜の海中の所々にはアマモ場と呼ばれる、アマモという海草の群落があります。⼩さなエビやイカなどが産卵したり⽣活する場になっていて、それらを求めて様々な⿂も集まります。もう少しカヤックを漕ぎ進めると、岩場の海底が⾒えてきます。岩場には、アラメ、ホンダワラ、アカモク、ミルなどの海藻が⽣えています。 海草と海藻は、どちらもカイソウと発⾳しますが、海草は種⼦によって増える種⼦植物で、海藻は胞⼦によって増える藻類の仲間です。海に⽣息する植物も光合成を⾏っていて、地球全体の3分の2にあたる量の酸素を地球に供給しています。

注意事項

塩の浜は遠浅の砂浜の環境ですが、湾内の範囲は、およそ150×200mの距離があります。特に⼩さなお⼦様づれのお客様は、⼦供から⽬を話さないよう、ご注意願います。また、時期によってはクラゲが発⽣したり、⾵向きによってはカヤックが湾外に流される場合もあり、コンディションによっては実施できない場合もあります。

1時間

2⼈乗り1艇  ¥2,500(税込)